アトピーの漢方治療を解説した「アトピー性皮膚炎」専門サイトです。現在の病状と経過、ステロイドの離脱等ご相談ください。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

アトピー、様々な皮膚病でお悩みのみなさまに

アトピーの知識

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの患者さんは皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)アトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもっています。

アトピー性皮膚炎の定義

「表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」

とされています。

 アトピー素因とは…

1,家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)

2,IgE 抗体を産生しやすい素因

とされています。

アトピー性皮膚炎の診断基準

日本皮膚科学会では、基本的にアトピーとは以下のような場合をいいます。

1,そう痒(かゆみ)

2,特徴的皮疹と分布

(1)皮疹は湿疹病変

・急性病変:紅斑、浸潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮

・慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮

(2)分布

・左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹

・参考となる年齢による特徴

  • 乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
  • 幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
  • 思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。

3,慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する):乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする。

上記1,2,および3,の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。

そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、経過を参考にして診断する。とあります。

実際に、当薬局に「アトピー性皮膚炎です」と漢方相談にいらっしゃっても、再度皮膚科に行っていただくと、別の皮膚病だったなんてことももよくあります。

アトピー性皮膚炎といわれてお悩みの皆さんはもう一度、自分の今の状況としっかり当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

一覧へ戻る