アトピーの漢方治療を解説した「アトピー性皮膚炎」専門サイトです。現在の病状と経過、ステロイドの離脱等ご相談ください。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

アトピー、様々な皮膚病でお悩みのみなさまに

アトピー:最新の話題

カビのタンパク質が汗に溶けてアトピーの原因に

広島大学は2013年6月6日、アトピー性皮膚炎の悪化因子として、ヒトの汗の中に含まれるカビの1種であるマラセチア属真菌「M.globosa」が産生するタンパク質「MGL_1304」に含まれるものが「ヒスタミン遊離活性物質(汗の抗原)」であることを同定したと発表しました。

この研究は、広島大学大学院医歯薬保健学研究院の秀道広 教授らの研究チームによるもので、科学誌「Journal of Allergy and Clinical Immunology」オンライン版に掲載されました。

カビが作ったタンパク質が汗に溶けてアトピー性皮膚炎に!?

アトピー性皮膚炎の患者が、汗をかいたときにかゆみなどのアレルギー反応を引き起こすのは、カビ由来のタンパク質が汗によって皮膚に溶け込むことが原因であることを、広島大学の秀道広教授(皮膚科学)らの研究グループが突き止めました。今後、効果的な治療方法やスキンケア製品の開発につながると期待されています。

マラセチアとアトピー

このタンパク質は「MGL-1304」と言い、人の皮膚に広く付着している「マラセチアグロボーザ」と呼ばれるカビの一種によって作り出され、たんぱく質が汗に溶け込んで体内に入ることでアレルギー反応を起こします。

「マラセチアグロボーザ」によって作り出されたたんぱく質が汗に溶け出すと、皮膚に浸透します。体内に侵入した異物に反応するタンパク質「IgE」と結合した肥満細胞が、カビのタンパク質と結びつくと、ヒスタミンを放出し、はれやかゆみなどが起こります。

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返すかゆみを伴う湿疹を特徴とする皮膚病で、症状を悪化させる原因としては、ダニやほこり、気候、食事、体質、ストレスなど様々なものがあり、年齢や体質によって異なります。

アトピー性皮膚炎の患者のうち約8割が、「汗」によって症状を悪化させているとされると言われています。これまでも最も重要な悪化原因として「汗は着目されてきたが、具体的な物質が特定されたのは初めてとのことです。

カビのタンパク質がアトピー性皮膚炎に影響するの詳しい作用は?

アトピー性皮膚炎はI型(とIV型)アレルギーに分類され、特徴的な皮疹の分布と痒みを伴い、慢性の経過をとる皮膚疾患です。アトピー性皮膚炎患者には症状を悪化させる数々の因子が存在しますが、肘の内側、膝の裏、顔面、首などの汗のたまりやすい部位に湿疹がでやすいことなどから、「汗」は特に重要な悪化因子として認識されてきました。

秀教授らは、これまでアトピー性皮膚炎患者が自らの汗に対する即時型アレルギー反応を示すことを発見していました。そこで、汗がヒト白血球の1種である「好塩基球」を刺激する活性(ヒスタミン遊離活性)を指標にして汗を精製し(精製汗抗原)、アミノ酸配列の一部を決定し、それがM.globosaが産生するMGL_1304に含まれるものであることを同定したのです。

汗がアトピー性皮膚炎の悪化因子であることはこれまでも知られていましたが、マラセチアという、ヒトの皮膚の表面に常在するカビの1種が分泌するタンパク質がアトピー性皮膚炎患者にアレルギー反応を起こすということは、まったく知られていませんでした。

さらに秀教授らは、MGL_1304の組換えタンパク質を作製しその性質の検討を行いました。作製したタンパク質は、アトピー性皮膚炎患者血液中の抗体「IgE」と結合し、また好塩基球からはヒスタミン遊離を起こすなど、これまで汗アレルギーの原因物質として想定されていた物質であることが証明されたのです。

MGL_1304はヒト肥満細胞株から脱顆粒を起こすと共に、アトピー性皮膚炎患者の末梢血好塩基球からアレルギー反応に重要な「サイトカイン」の1つである「インターロイキン(IL)-4」の産生を引き起こすことも確認されました。

アトピー性皮膚炎:漢方では?

中国では「中西医結合」と言い、西洋医学と東洋医学を融合した医療が行われています。中国の皮膚科でもアトピー性皮膚炎になりやすいということは、「バリア機能の不足」と捉えています。

漢方では、かゆみや炎症などの酷い状態が治まってくると、丈夫な皮膚を作っていくような処方に切り替わります。しかし、汗の季節である夏には悪化しやすくなります。皮膚病は悪化させないということも大切なのですが、夏場はコントロールしづらくなったきます。

この研究を利用したスキンケア製品が実現できれば、汗による悪化を防げる可能性があるので、かなりのアトピー性皮膚炎が改善できると期待できます。体内から漢方で、外からスキンケアで改善という理想的な治療ができそうです。

今までアトピー性皮膚炎に関して、様々な研究が発表されてきましたが、医薬品や素見ケアの製品化は本当に難しいようです。

今後は、汗に対するアレルギーの正確な診断方法と、MGL_1304を効率的に吸着したり不活化したりする製品を開発することで、アトピー性皮膚炎のための新たな治療やスキンケアの方法が開発されそうです。