アトピーの漢方治療を解説した「アトピー性皮膚炎」専門サイトです。現在の病状と経過、ステロイドの離脱等ご相談ください。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

アトピー、様々な皮膚病でお悩みのみなさまに

アトピー:最新の話題

京都大学がアトピーの保湿効果を高める物質を発見!

京都大学医学部の椛島(かばしま)健治准教授らのグループは、異物侵入を防ぐ皮膚のバリアー機能を高めることでアトピー性皮膚炎を抑える効果が期待できる人工的な化合物を世界で初めて確認したことを、17日付の米国アレルギー専門誌に発表しました。アトピー性皮膚炎の内服薬の開発に道を開くと言われています。

京都大学がアトピー性皮膚炎の特効薬を発見!?

2013年9月、京都大学の椛島健治准教授の研究グループが、皮膚表面のバリアー機能を高めることで、アトピー性皮膚炎をやわらげる化合物を初めて発見しました。

ヒトの皮膚細胞で効果を確かめ、マウスに飲ませて症状を治すことにも成功しました。副作用の少ない新しい治療薬の開発につながると期待されています。

かゆみのある湿疹が続くアトピー性皮膚炎は、皮膚の表面で水分を保つ保湿効果がある「フィラグリン」というたんぱく質が少なくなり、皮膚の中に異物が入りやすくなることが原因の1つと考えられています。

フィグラリンとは?

フィラグリン蛋白はプロフィラグリンとして表皮で産生され、これが分解することでフィラグリンモノマーとなり、皮膚のバリア機能を担います。またフィラグリンはさらに分解され、天然保湿因子として働きます。アトピー性皮膚炎の約20~30%の患者さんにこのフィラグリン遺伝子の異常がみられます。

また、アトピー性皮膚炎の患者さんのほぼすべての方でフィラグリン蛋白が低下していることが知られています。このことからアトピー性皮膚炎におけるフィラグリンの役割は世界中で大きな注目を集めています。

そこで京都大学大学院医学研究科の椛島健治准教授の研究グループは1000種類を超える化合物を調べ、この中から「JTC801」という有機化合物が、フィラグリンを増やす性質を持つことを突き止めました。

 

京都大学アトピー研究

この化合物をアトピー性皮膚炎の症状があるマウスに飲ませたところ、1か月半で症状が大幅に改善したということです。

JTC801という有機化合物は、培養したヒトの皮膚細胞に加えると、皮膚表面で作られバリアー機能を支えるたんぱく質「フィラグリン」の量が約10倍に増えました。

アトピー性皮膚炎は国内に患者がおよそ40万人いるとみられていますが、今のところステロイドなどで炎症を抑えるなどの対症療法しかなく、研究グループは製薬会社と共同で根本的な治療薬の開発が期待されます。

アトピー性皮膚炎:漢方では??

中国では「中西医結合」と言い、西洋医学と東洋医学を融合した医療が行われています。漢方においてはかゆみや炎症が酷い状態が治まってくると、丈夫な肌を作っていく処方に切り替わってきます。「補陰薬(ほいんやく)」という分類の「陰分=潤い」を補う種類をよく用います。

しかし、なかなか「潤い」を補いきれない方もいらっしゃいます。そのプラスの一手になればと期待しています。副作用なども少ないとよいのですが…。今まで、アトピー性皮膚炎に関して、多くの研究がなされてきましたが、製品化は本当に難しくために日の目を見ないものがたくさんありました。

これから、臨床実験→製品化の道のりは長いと思いますが、アトピー性皮膚炎の患者さんが少しでも良くなることを願います。